本当は誰にも教えたくない!伊勢エビをガッツリ堪能 「魚々味」

グルメ関連
この記事は約3分で読めます。

伊勢といえば伊勢エビ。地元の人も利用する伊勢エビ料理のお店。伊勢エビをガッツリ堪能してきました!人気が出てしまうと(既に人気なのに)なかなか入れなくなってしまうため本当は教えたくありませんが、感動したので、レポします!

※来店時期:2019年11月

スポンサードリンク
スポンサードリンク

伊勢といえば伊勢エビでしょ!

というわけで伊勢海老をガッツリ食べられるところを探しました。見つけました!「魚々味(ととみ)」さんです。

なんとこちらは鳥羽磯部漁協直営、要するに漁師さんの組合?が営業しています。そのため、中間コストが省かれているので、より安く提供できているそうです。

『旨いものを旨いときに!』

をコンセプトにしているとおり、毎日新鮮な魚介類が提供されています。

行ってきました!地元の人にも愛されている大人気店

お客さんいっぱい

待ち客でいっぱい

到着したときには、既に10人以上待っている人がいるほどでした。知る人ぞ知る!というお食事処のようです。観光客だけでなく地元の人もたくさんいました。

受付に名前を書き、しばし待ちます。

隣のお店を眺めながら待機

お食事処に入るのを待つ間、隣にあるショップを見ます。こちらも海鮮関連が販売されていました。せんべいも豊富でたくさん買ってしまいました。レンジでできる牡蠣ご飯があったので、思わず買ってしまうほどです。

伊勢海老も販売されていました。安いんでしょうけど…調理する腕はありません。

いよいよ店内へ

40~50分ほど待ったところでお声がかかり、入ることができました!いよいよです!ワクワクしながらメニューを見ると…

じ、時価!

ええと…庶民の私はドキドキしながらホワイトボードを見ました。この日は5,500円。なかなかのお値段です。でも、この写真、東京で食べられる内容ではありません。食べられたとしても、何倍にもなることでしょう。

もう少しリーズナブルな御膳もありました。こちらは3,500円でした。

さらにさらに、新鮮なお刺身たっぷりの定食などもあり、かなりお安かった記憶があります。こうした定食を地元の方が食べていました。

大迫力の伊勢海老たち!

どどーんと伊勢エビ

伊勢海老2匹半で構成されている「伊勢海老御膳」。こんなに伊勢海老使っちゃっていいの???とこちらが戸惑うほどの伊勢海老づくし。

度肝を抜かれたのは言うまでもありません。

ぷりっぷりの伊勢海老。本当、新鮮そのものでした。出されたときはまだ動いていました。

焼き伊勢海老。身がぎっしりつまっています。それでいて固くない。とってもおいしい。

お味噌汁の伊勢海老もすごい!味噌もたっぷり!

もうなんといいますか…

来てよかった…

待っててよかった…

今でもあの感動が蘇ってきます。

伊勢参りの際はぜひ!

鳥羽市なので、ちょっと離れていますが、行く価値は十分にあります!ぜひ伊勢エビを堪能してみてください。本当感動すると思います。海老好きにはたまらないでしょう。

基本情報

鳥羽磯部漁協直営 四季の海鮮 魚々味

営業時間:平日11:00~15:00(ラストオーダー:14:30)

定休日:毎週火・金曜日

※流行感染症の影響で変更になっている場合がありますので、ご確認ください。

住所:〒517-0014 三重県鳥羽市堅神町833

電話:0599-21-1522

公式サイト:http://www.totomi.jp/index.html

※車でアクセスの場合、ちょっと分かりづらいですが、この看板が目印になりました。

タイトルとURLをコピーしました