シェラトン・ワイキキの人気の秘密を探ってみた(宿泊記)

ハワイ旅行記
この記事は約7分で読めます。

ハワイ旅行で気になるのがホテル。ワイキキのホテルの中でも、日本人に最も人気が高いといわれているシェラトン・ワイキキがあります。なぜシェラトン・ワイキキはそれほどまでに人気なのか、その理由について実際に宿泊した体験から探ってみます。

※宿泊時期:2017年夏(これ以前にも複数回宿泊済み)

※シェラトン・ワイキキは2018年10月から11月まで大規模ストライキが実施されました。そのため、大きく環境が変わっている可能性もあります。ご注意ください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

日本人旅行者に大人気ホテル

シェラトン・ワイキキは、パックツアーだけでなく個人手配でも選ぶ人が多い、日本人に大人気のホテル。オアフ島で高級ホテルといわれているのは、ハレクラニホテル、カハラホテル、モアナサーフライダーウェスティンリゾート、ロイヤルハワイアンホテルなど、まだまだ挙がるほど。その中でも、シェラトン・ワイキキは、おそらく一番人気なのでは、と思うほどです。某演歌歌手が経営?(名称だけ?)する料理店も有名です(今もあるのかな?)。

日本人に人気の理由5つ

なぜこれほどまでに人気なのか、その理由を分析してみたいと思います。

アクセスがよい

シェラトン・ワイキキは、ワイキキのど真ん中に位置するホテルです。通りに出ればTギャラリアワイキキ(免税店)、ロイヤルハワイアンショッピングセンター、ワイキキ・ショッピング・プラザなど、多くのお店にかんたんにアクセスすることができます。

また、現地ツアー発着も、シェラトン・ワイキキの駐車場から実施されることが多いだけでなく、主要トロリーバスの停留所もあります。

近辺にはロイヤルハワイアンホテルやハレクラニホテル、モアナサーフライダーウェスティンリゾートがありますが、これらのホテルはさらにお高いだけでなく、ツアー発着やトロリーバスでやや不利なのがシェラトン・ワイキキを爆発的な人気にしている一因と筆者は推測しています。

日本語も通じる

日本人スタッフ、日本語を話せるスタッフが常にカウンターにいるわけではありませんが、日本語デスクが用意されています。そのため、部屋で何か問題(水道が出ないなど)があった場合、そのデスクに電話をすればいいのです。ホテルの案内にも、英語版の続きに日本語版も用意されていました。2017年には1部屋に1台iPadが備え付けられており、ホテルの案内を閲覧できた記憶があります。

日本人が多い

とにかく日本人が多いです。ファミリーからハネムーン、社員旅行までさまざま。芸能人を見かけることもありました。

ハワイ挙式の人も多く、1日に何組の新郎新婦がドレス姿で正面口からリムジンに乗り込んで行くのを目にします。

安心感がある

シェラトン・ワイキキの1階には、コンビニエンスストアのローソンがあり、かなり遅くまで営業しています。そのため、何か食べたい・飲みたいときでも気軽に安全に買いに行くことができるのです。ちょっとしたお土産も買えますし。その他、ウクレレショップ、クッキー、ハワイアンジュエリーなど揃っています。

ツアーデスクも、JALパックがあります。JTBは通常のツアー客が利用できるラウンジがあり、そこで要望を伝えることができるため、実質ツアーデスクのような便利さが。HISもロイヤルハワイアンショッピングセンターに大きな営業所があるので、どうにかなります。

目の前が海

ハワイといえば青い海。シェラトン・ワイキキは、海岸に面して建っているので、青い海を見ながらのんびり過ごすことができます。

海と繋がっているようなプールも人気です。(大人のみ利用。年齢制限あり)

結局のところ…

要するに、初めてハワイに来ても比較的安心して過ごすことが可能なホテルなのです。Sheratonブランドのため、アメリカ本土からの宿泊客もいるので、外国に来たな~、と感じます。それでいて、日本人が多いので何故か落ち着く(これ不思議…)。

そして、いろいろ便利なので、困ることも少ないでしょう。ツアーの場合は独自のラウンジで軽い朝食を食べられる、ついていなければ朝食券を予め買っておく、朝食つきプランを選べばチップも入っていますし、戸惑わないでしょう。困ればすぐにツアーデスク(日本語対応)に相談できますので、安心感は強いホテルといえましょう。

ワンポイントアドバイス

当たり前ですが、シェラトン・ワイキキは一番人気のホテルとはいえ、アメリカであるハワイにあり、日本ではなく外国です。宿泊してみて、アレ?と思った点を挙げておきます。対策をすれば、さらに快適なホテルステイになること間違いなし!

部屋指定はパーシャルオーシャンビュー以上を

海に面しているシェラトン・ワイキキは、部屋から海が見えたり、ダイヤモンドヘッドが見えたり、と美しい景色を部屋から楽しむことができるのも特徴。ドラマや映画にもたびたび出ます。

お値段が少々はるので予算と相談ですが、部屋指定なしの場合、まったく海が見えない、景観はよくない、シェラトン・ワイキキのよさを受けられないのです。景色に興味がない方は問題ありません。ツアーのラウンジは高層階で景色がよいので、そちらで楽しむと割り切ることもできます。

エレベーターにイライラしない

写真を撮っていなかったので、拙い図ですが…。

シェラトン・ワイキキの客室に行くエレベーターは、1箇所しかありません。おそらく常時10台(12~15台かな?)ほどのエレベーターが稼働しているのですが、ボタンは1箇所のみ。円形にエレベーターが並んでおり、誰かがボタンを押すと、到着するエレベーターのランプが光り、扉が開きます。

近くにあるエレベーターなら問題なく乗れますが、遠いと時間切れで閉まって出発してしまいます。結局待っている場所から近いエレベーターが来ないと乗れないのです。正直、ワケワカリません。客室が多いので、エレベーターホールにいる人も多く、ボーッとしていると、エレベーターが満員で乗れない、などという場合も。

ファミリーで連携して乗るとスムーズかもしれません。慣れれば大したことがないのかもしれませんが…。ひとりでエレベーターを利用するときは大変でした。

焦らない・イライラしないのが秘訣でしょうか。

赤ちゃん連れは対策を…

思ったより狭いです。ワイキキ中心部のホテルなので仕方がないのかもしれませんが。そのため、エキストラベッドやベビーベッドはどちらかしか入れられませんし、入れたらかなり手狭に。赤ちゃんを連れている場合は、荷物を広げにくい、赤ちゃんがベッドから落ちるぶつかるなどの心配も。ミルクの場合、哺乳瓶セットを置く場所なども。洗う場合も洗面台がひとつしかないので、工夫が必要です。通常のベッドで添い寝をする場合、ベッドガードのリクエストを。

意外に狭いのでエキストラベッドを置くと…

エキストラベッドはほとんどの部屋で入れられます(有料。値段はツアー・個人手配で異なるので確認を)。しかし、入れるとかなり狭くなります。実質ソファ(ミニテーブル)セットは使えない感じに。夫婦と大きな子ども、3世代ファミリー旅行で利用する人も多いでしょう。かなり手狭に感じるかもしれません。

思ったより広大

ホテルはかなり広いです。メイン通りに出るまで実はそれなりに歩きます。多く歩くのに自信がない場合は旅行会社やホテルで車椅子のレンタルを、赤ちゃん連れはベビーカーの持参やレンタルを相談することをおすすめします。

リゾートフィーがある

シェラトン・ワイキキは、1日1室税込$41.39のリゾートフィーが徴収されます。これは強制で拒否できないばかりか、ツアーでも追加で支払う必要があるのです。

詳しくはこちらに書きました。

シェラトン・ワイキキの基本情報

シェラトン・ワイキキ:Sheraton Waikiki

住所:2255 Kalakaua Ave., Honolulu, HI 96815
電話:808-922-4422

公式サイト:https://www.marriott.com/hotels/travel/hnlws-sheraton-waikiki/

日本語公式サイト:https://www.sheratonwaikiki.jp/

タイトルとURLをコピーしました