エンバシースイーツワイキキのおもてなしはとても充実!レセプションって何?(宿泊記)

ハワイ旅行記

エンバシースイーツワイキキ(Embassy Suites® – Waikiki Beach Walk®)は、宿泊客に向けておもてなしが充実していました。特に毎日夕方からレセプションなるものは、とてもうれしいサービスです。レセプションとは何なんだろう?と思われるかもしれません。今回は、レセプションなどを中心にエンバシースイーツワイキキのおもてなしについてお伝えします。

スポンサードリンク

ウェルカムドリンクのおもてなし

エンバシースイーツワイキキでは、チェックイン時に、ウェルカムドリンクが振る舞われます。アルコール入りのトロピカルカクテルかノンアルコールのトロピカルドリンクです。もちろん子どもの分もきちんと用意してくれます。

朝食は毎日宿泊者全員無料で

朝食は、宿泊者全員普通に食べることができます。ルームキーでアクセスできる朝食会場に行き、ビュッフェ形式で楽しむことができるのです。

各テーブルには、混み具合の時間帯などが記載されています。毎年いろいろ工夫してくれているようで、利用している場合は、テーブルのところに利用中の札をさすこともありました。

ちょっとした裏技

朝食は提供される時間帯ならば、いつでも食べられます。そのため、家族で生活時間(朝食の時間)が合わない場合はぜひオススメです。我慢できない家族は、先に食べておき、後から家族とはコーヒーやフルーツなどを楽しむといういわゆるラウンジ形式で利用するのです。別に何回行っても、指摘されることはないでしょうし、禁止されてもいません。まぁ、常識の範囲といったところですね。

うれしいおもてなし

早い便でホテルに朝食の時間に到着したときは、チェックインのときに朝食を食べるか聞いてもらえます。部屋の準備は15時だけれでも、朝食食べる?みたいな感じです。疲れていてぐったりしているときに、朝食会場で軽くコーヒーやフルーツなどを食べると何だか落ち着きました。

レセプションは毎日夕方開催

朝食会場として利用されているところがレセプション会場に変わります。写真中央部分のカウンターでお酒などのドリンク類をいただくことができます。

お酒やドリンク、スナックなどのおもてなし

毎日夕方17時から19時は、レセプションタイムといって、アルコール類のカクテルやジュース類、さらにちょっとした野菜スティックからポテトチップスなどの軽食も食べ放題です。軽食は日替わりになっているようです。

写真は筆者のお気に入り、ノンアルコール類のパイナップルジュースとポテトチップスです。ちゃんとパイナップルがついているのがなんだかハワイな感じがしませんか?

月・水・金は生演奏・生歌も

月・水・金曜日の夕方からハワイアンソングなどの生歌と生演奏を楽しむことができます。ハワイのドリンクを楽しみながら、ハワイアンミュージックです。まさにハワイを感じるおもてなしです。

スタッフがフレンドリー

ハウスキーパーの方など、廊下で出会うと笑顔であいさつしてくれます。

何か困ったことや聞きたいことがあれば、フロントでいつでも聞くことができます。日本語でどうぞ、という表示もうれしいポイントです。どうしても困っているときなどは英語で説明するのは難しいですからね…。

ポーターの方も、笑顔で送り出してくれます。そんなフレンドリーさに、おもてなしを感じることができるのです。

周辺のお店で利用できる割引券

エンバシースイーツワイキキは、ワイキキビーチウォークという場所に面しています。そのため、ワイキキビーチウォークにあるお店などの割引券の冊子がもらえます。結構お得です。

ヨガ教室も朝開催

ハワイの空のもとヨガをしたいという方の希望を叶える、そんなヨガ教室が実施されていました。月・水・金の朝7時からです。私はいつも参加したいと思いつつできないでいます。

ヒルトングループのホテルではおなじみの…

ヒルトンホテル系列に宿泊すると必ず一度は遭遇するグランドバケーションの説明会の勧誘。こちらのホテルでもあります。グランドバケーションのカウンターにチケットを持っていくとプレゼントがもらえる、という言葉に行くとグッヅが進呈されます。先ほどの割引券や単独のチラシなど数枚あるので、持っていきましょう。

大きなバッグなどお買い物に便利です。そして、なぜかあまり勧誘されません。

SNS投稿キャンペーンも

現在実施しているかどうか分かりませんが、当時、Facebook、Twitter、Instagramのキャンペーンが実施されていました。

自分のアカウントにエンバシースイーツワイキキのことを掲載すると(ハッシュタグなどいくつか条件あり)、チョコレートがもらえるというもの。結構よいチョコレートがもらえるので、とてもうれしかった覚えがあります。

【番外編】おなじみのスタッフがいる安心感

人の移動が激しいホテル業界にあって、おなじみのスタッフがいるという…。なじみのお店のような安心感があります。チェックインカウンターからレストランスタッフ、オムレツカウンター、バーカウンターまで、毎年同じ人が働いているのを目にします(もちろん曜日や時間帯でいたりいなかったり)。

スタッフを大切にしているから、ゲスト(宿泊客)にも親切なサービスが提供されるのかな、などと思う次第です。

ワンポイントアドバイス

エンバシースイーツワイキキは、他のホテルにないおもてなしを受けることができます。たとえば夕方のアルコール類のドリンクは、ラウンジが利用できる上級会員かエグゼクティブフロア宿泊者、特定のツアー客くらいしか無料で提供されません。しかし、このホテルは普通に叶います。

しかもお値段はシェラトンワイキキと比べて同じ程度です。ヒルトンハワイアンビレッジの方が安いですが…。

このホテルもオープン当初は色々サービスについて口コミは芳しくありませんでした。しかし、オーナーやスタッフががんばって改善してきたそうです。最近はお見かけしませんが、オーナーの奥様(日系人)が、朝食中にあいさつがてら日本の宿泊客に感想など生の声を聞いていたことも。

特に2018年は日本人の宿泊客も多くなったな、という印象を受けました。きっと、長年の努力が実を結んだのかもしれませんね。