エンバシースイーツワイキキのお部屋ってどんな感じ?(宿泊記)

ハワイ旅行記
この記事は約4分で読めます。

ワイキキにあるホテル、エンバシースイーツワイキキ( Embassy Suites® – Waikiki Beach Walk® )。このホテルに泊まってみました(2018年8月 ファミリー)。実際にどんな設備があるのか、感想なども含めてお伝えします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

リビングルームとベッドルームの2部屋

エンバシースイーツワイキキは、リビングとベッドの部屋が分かれています。しかも壁できちんと仕切られており、ドアを閉めることで独立性も保つことができるといううれしい設計に。

リビングにもベッドルームにもテレビがありますので、夜遅くまでテレビなどを楽しみたい、生活時間が家族と異なる、などという場合に、分けて利用することができます。2部屋取らないでよいのでコスト的にも助かります。

リビングルームにあるもの

  • ソファ
  • テレビ
  • ダイニングテーブル
  • チェスト

ベッドルームにあるもの

  • ベッド
  • テレビ
  • デスク
  • タンス

公式のtwitterです。この写真はプレミアムスイーツなので、実際はもう少し狭いですが、こんな感じにソファとダイニングがあります。

ダイニングテーブルもある

リビングには、食事が取れるようなダイニングテーブルがあります。ソファをベッドとして利用したとしても、ダイニングテーブルがあるので、テイクアウトの食事やおやつなども全員で食べることが可能です。

上記のtwitterの写真のちょうど右端部分にダイニングテーブルが写り込んでいます。

電子レンジや洗面所も

また、果物を洗ったりできる台所のような洗面所もあります。キッチンスペースがあるのがかなり楽です。そこには電子レンジやもついています。

ホテルのサービスを受けながら、コンドミニアムに近い設備が整っています。ただし、ガスコンロなど自炊する設備はありません。

もちろん冷蔵庫もついています。

広々ベッド!2ベッドのリクエストも可能

リビングルームにあるソファはベッドにもなります。クイーンサイズくらい広いです。ベッドは2ベットか1ベットをリクエストできます。そのため、3世代などや家族が多くていつもホテル選びが大変という多人数でも安心です。

エレベーターに隣接するお部屋は要注意

構造上仕方がないのかもしれませんが、エレベーターに隣接するお部屋は、エレベーターの音がします。昼間はそれほどではなくても、夜中に気になる方もいるかもしれません。そういった方は、チェックインの時などにリクエストしておきましょう。

お部屋からの景色は?

海沿いではないので、海!ダイヤモンドヘッド!というわけにはいきません。ただ、ハワイを感じることは可能です。低層階を選ぶと、かなり微妙な感じになるといわれています。高層階の部屋のタイプを選ぶことをおすすめします。

ワンポイントアドバイス

ホテルの圧迫感がなく広さを感じることができるお部屋です。ベッド数もあるので、ファミリー層に最適です。

ホテルの部屋からハワイらしさを感じることができます。

余裕の広さです!

基本情報

エンバシースイーツワイキキ: Embassy Suites® – Waikiki Beach Walk®

住所: 201 Beachwalk Street, Honolulu, HI 96815

日本語公式サイト: http://jp.embassysuiteswaikiki.com/

英語公式サイト: http://www.embassysuiteswaikiki.com/

タイトルとURLをコピーしました