赤福本店で赤福を堪能!自宅で食べるより数倍おいしい!

グルメ関連
この記事は約2分で読めます。

お伊勢参りに来たら、やっぱり伊勢名物の赤福!物産展でも人気が高い、お土産にも喜ばれるお菓子ですよね。伊勢神宮内宮の参道には、赤福本店があります。

伊勢神宮内宮の参拝も無事に済み、参道をのんびり歩きます。やはり名物の赤福。できたての赤福を食べてきました。

※来店時期:2019年11月

スポンサードリンク
スポンサードリンク

赤福って?

出典:https://www.akafuku.co.jp/product/oribako/

赤福が何か知らない人はいないかもしれませんが、一応お伝えします。一般的に赤福と呼ばれているものは、正式名称を赤福餅といって、お餅の上にあんこが乗っかった和菓子です。

会社の歴史についてはこちらを御覧ください

赤福の歴史 | 伊勢名物 赤福
三重県伊勢市。赤福餅の製造販売。赤福の歴史や会社概要、商品、店舗情報の紹介。

赤福本店の公式サイトはこちら

本店 | 伊勢名物 赤福
三重県伊勢市。赤福餅の製造販売。赤福の歴史や会社概要、商品、店舗情報の紹介。

赤福本店は内宮参道上に

伊勢神宮内宮への参道のちょうど真ん中あたりに位置しています。レトロな建物に歴史を感じます。

店内では赤福餅(盆)をいただけます。こちらが入り口。

大きな釜もびっくり!

店内は相席

畳の上に適当に座ります。店員さんが注文した赤福餅とお茶のセットを運んでくれます。

できたてを食べられる!赤福餅

お茶と赤福餅のセット

赤福本店ではこのセットしか食べられません。赤福ぜんざいなど他のメニューを食べたい場合は、近くの支店でいただくことができます。

お土産も購入できますよ。

赤福餅、できたてだからなのか、五十鈴川のロケーションなのか、本当に普段の3倍くらいおいしかったです。

あぁ、これが大人気銘菓の赤福なんだなーと実感した瞬間でもありました。

川沿いの席が絶景ポイント

赤福本店は五十鈴川沿岸にありますので、端の座席を取れれば、目の前は五十鈴川のみ!という絶景ポイントで赤福を楽しめます。優雅なひととき~。

参道も楽しい!

伊勢神宮の参拝は、歴史探訪という感じでレトロな参道、お店もたのしめます。おかげ横丁(https://www.okageyokocho.co.jp/)も新しく整備されたようで、食い倒れにはぴったりです。

赤福本店の基本情報

住所:〒516-0025 伊勢市宇治中之切町26番地

電話:0596-22-7000

営業時間:午前5時~午後5時(繁忙期時間変更有)

定休日:無休

タイトルとURLをコピーしました