迎賓館赤坂離宮はまるで海外!東京の中心で海外旅行気分

国内旅行情報
この記事は約5分で読めます。
スポンサードリンク

今回は、日本にいながら海外旅行した気分になれる場所をご紹介します。
迎賓館赤坂離宮です。

※見学時期:2022年12月

スポンサードリンク

迎賓館赤坂離宮は海外の宮殿のよう

Akasakarikyu010

迎賓館赤坂離宮は、外の柵からも分かるように、洋風の建築物です。

そして、その大きさに圧倒されるはずです。

その建物の外観はまるで海外の宮殿のように見えます。

ひとたび中に入れば、まるで日本にいることを忘れてしまうくらいです。

内装もすごい

もちろんこの建物(本館)に入れます。

プチベルサイユ宮殿だなぁ、と思っていたところ、やはりベルサイユ宮殿などを参考にして建てられたそうです。

日本で唯一のネオ・バロック様式の宮殿でもあります。

公式Twitterや公式ページで内部の様子は分かりますが、やはり実際に見るほうがオススメです。

建物内での撮影は一切できない

残念ながら、内部での写真撮影は一切できません。お姫様気分を味わえるのですが、記念撮影はできないのです。

ヴェルサイユ宮殿はできるのになぁ、と同伴した家族はぼやいていましたが。ヴェルサイユ宮殿はすでに観光地化された場所、こちらは現在も使用されている場所なので、防犯上などの事情があるのでしょう。

見学者にはガイドブックを配布

内部の撮影はできませんが、建物の見学者には非売品のガイドブックが配布されます。装飾関連の写真が掲載されていますので、自宅で思いを馳せられます。

現在も外国からの要人接遇などに使用されている

現在も外国からの要人(大統領など)が日本を訪問した際に、会談などで利用されています。ニュースで目にしたことがある方もいるかもしれません。

迎賓館赤坂離宮は歴史がある建物

Akasakarikyu006

迎賓館赤坂離宮は、明治時代に東宮御所として建てられたそうです。

豪華絢爛な内装に、思わずため息の連続。金箔が随所に貼られており、きらびやかな光を放っていました。

もっとも、西洋式を取り入れた建物ですが、随所に日本らしい装飾も施されているのが特徴です。

休憩用の椅子が用意されていますので、ゆっくり見学を楽しめます。

 

気になる見学の料金は?

Akasakarikyu001

気になる入場料はどのようになっているのでしょうか?こちらは一般と大学生以下(大学生、中高生、小学生の3区分)に分かれており、それぞれ入場料が異なります。以下は一般の料金を紹介します。

入場(庭のみ)は300円

入場のみは300円になります。建物の外観での撮影や噴水、アフタヌーンティーやお土産などはすべてお庭になります。

建物見学の場合は1500円

庭と本館見学の料金は1500円になります。

和風別館は本館見学するかしないかで料金が異なる

和風別館「游心亭」を見学する際の料金は本館を見学するかしないかで料金が異なります。今回は時間がないから本館だけ、和風別館だけという見学も可能なため、リピーターに優しいといえましょう。

見学不可能な日があるので注意

Akasakarikyu002

こちらの建物は、現在も利用されています。使用されていないときに見学できるよう公開されていますので、見学する際は注意してください。

公開日は公式ページにありますので、チェックしてから行くようにしてください。

ガイドツアーは要予約(抽選)

ガイドツアーは予約制になります。公式ホームページに記載がありますので、チェックしてみてください。

ただし、それぞれの部屋などにボランティアガイドさんがいるだけでなく、各部屋に解説映像が流れていますので、つきっきりでガイドさんがいなくても楽しめるようになっています。

夜間公開はきらびやかなライトアップ

期間限定で夜間公開もされています。直近は2022年12月24日・25日です。

バリアフリーも

本館内部は基本的に徒歩になり、階段を上り下りします。

車椅子などの対応もしているため、係員に要請してください。

車椅子の貸出は受付で実施しています。

アフタヌーンティーやカフェはお庭で

Akasakarikyu007

アフタヌーンティーやカフェは、宮殿を眺めながらいただくことが可能です。姫気分になれますし、InstagramなどSNS映えも期待できそうです。

アフタヌーンティーは1日限定20セット(1セット2名分)

ウェブで予約もできるようになっています。

迎賓館アフタヌーンティーへようこそ – NPO Parkcafe|障害者雇用の新しいカタチ

カフェはキッチンカーで注文

コーヒーなどのカフェも販売しています。こちらは予約無しで購入できます。

ランチは迎賓館赤坂離宮前休憩所に

迎賓館赤坂離宮の近くに、休憩所があります。こちらでランチをいただくことができます。

カーブドッチ迎賓館 (四ツ谷/カフェ)
★★★☆☆3.20 ■【迎賓館赤坂離宮正門前すぐ!】噴水を囲むテラスとゆったりとした時間の流れるカフェ ■予算(昼):¥1,000~¥1,999

見学にあたって感じたこと・注意事項など

Akasakarikyu005

私が見学してみて感じたことなどをお伝えします。

ロッカーが無料で利用できる

入場してからすぐの事務棟にロッカーがあり、無料で利用できます。荷物が多い場合に便利です。ただし、貴重品の管理はご自身で行ってください。

随所に休憩できる椅子が用意されている

本館内部の移動は徒歩ですが、至る所に椅子が用意されています。歩き疲れ、長時間歩くのが困難という場合でも安心です。

トイレに注意

本館内部にはトイレがありません。庭や本館入り口近くにはトイレがありますので、忘れずに。

ゆっくり見学したいならやはり平日に

お姫様気分が味わえると評判の迎賓館赤坂離宮ですが、見学者が多い日はゆったりした気分で見学できないかもしれません。

そのため、見学は平日をオススメします。

私は平日に見学したので、とてもゆったりと見学できました。

迎賓館赤坂離宮へのアクセスは?

Akasakarikyu011

迎賓館赤坂離宮へのアクセスはとても簡単です。

JR四谷駅から徒歩10分程度

JR四谷駅の赤坂口から徒歩で10分程度という近さです。

駐車場・駐輪場はなし

駐車場や駐輪場はありません。ただし、バリアフリー関連で自動車等でアクセスしたい場合は、事前問い合わせで対応可能だそうです。

基本情報

住所:〒107-0051 東京都港区元赤坂2-1-1

電話:03-5728-7788

公式ホームページ:https://www.geihinkan.go.jp/akasaka/

公開時間:10:00~17:00(最終受付16:00)

地図

タイトルとURLをコピーしました