「鎌倉殿の13人 伊豆の国 大河ドラマ館」ってどんな感じ?鎌倉との違いは?【見学記】

伊豆の国 大河ドラマ館国内旅行情報
この記事は約6分で読めます。
スポンサードリンク

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。このドラマの主人公、北条義時の出身地、伊豆地方。

そのため、伊豆地方にはさまざまなゆかりの地があります。

そういった事情もあってか、2023年1月15日まで「鎌倉殿の13人 伊豆の国 大河ドラマ館」が開催されています。

今回、伊豆旅行の際に、こちらの大河ドラマ館に行くことができました。鎌倉の大河ドラマ館との違いも含めて、見どころなどをレポートしていきます。
※訪問時期:2022年10月

スポンサードリンク

伊豆の国 大河ドラマ館ってどんな感じ?

Izutaiga001

伊豆にある「鎌倉殿の13人大河ドラマ館」はどのようになっているのでしょうか?

義時パネルがお出迎え

Izutaiga002

入口を入ってすぐ目に飛び込んでくるのが、北条義時!はい、もちろん本人ではありません。この大河ドラマの主人公、北条義時の等身大パネルです。

混雑していなければ、義時と並んで記念撮影できます。ファンにはたまりません。

義時パネルには、サインが。小栗旬さんもこちらに訪れたことが分かります。

俳優さんが大河ドラマ館を訪れると本人の等身大パネルにサインをするようになっているようです。そのため、何人かの等身大パネルにはサインがありました。主要人物に推しがいる方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?サインがあるかもしれません。

烏帽子着用写真撮影スペースあり

記念撮影のスペースが用意されています。こちらはスマホやカメラを渡すと係の方が撮影してくれます。

好きな烏帽子を被って、頼朝(鎌倉殿)気分・義時(執権殿)気分になってみては?

衣装展示あり

Izutaiga003

撮影したときに使用した衣装が展示されています。その近くの等身大パネルでの記念撮影も可能です。スタッフさんが写真撮影をしてくれました。スマホやカメラを渡しましょう。

ひとりの来場でも写真が残り、記念になりますよ。

登場人物紹介・サインあり

Izutaiga005

主要な登場人物の紹介やサイン色紙が展示されています。サイン色紙は撮影禁止でした。

映像あり

大河ドラマ館に向けたインタビュー映像などを観ることができます。こちらも撮影禁止。

セット情報あり

伊豆の国に実際に作られ、撮影に利用されたセットについての展示があります。むしろこのセットを見学したいな、と思ってしまいました。見学はできないそうです。

鎌倉にある大河ドラマ館との違いは?

Hachimangu002

鎌倉にある大河ドラマ館と主要な部分に違いはありません。記念撮影スポットやロケ情報などの違いがあります。鎌倉に比べて伊豆の方がコンパクトです。

鎌倉の方の見学記はこちらになります。

「鎌倉殿の13人 大河ドラマ館」(鎌倉)の見どころは?伊豆との違いは?【見学記】
2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。源頼朝が征夷大将軍になる過程から北条氏の執権体制の確立までを描いており、頼朝の側近となり、果ては2代執権となった北条義時が主人公です。 鎌倉幕府のあった鎌倉の地や北条氏の出身地である伊豆が舞台となっ...

所要時間は?

こちらの大河ドラマ館の見学、どのくらいかかるのでしょうか?

ワンフロアでこじんまり

ワンフロアでかたまっていますので、個人差があるとしかいえません。早ければ5分(もったいない気もしますが)。のんびり映像などを見れば1時間くらいはかかるでしょう。

もちろんもっといてもOK。鎌倉の方に比べて混雑度は低いため、じっくり展示物などを見学することが可能です。

 

入場料は?

気になる入場料はどうなっているのでしょうか?

大人1人400円

全く割引がきかない場合は以下のとおりです。

大人1人 400円 子ども(中学生以下)1人 100円

割引はある?

割引もいろいろあります。

団体割引、障がい者手帳持参・その付き添い人・未就学児は無料です。

イオンカード割引

大人300円、子ども50円になります。こちらは5名まで割引になります。

相互割引

各種観光地の入場券を持っていると割引になります。以下、公式サイトにあったものを転記します。

相互割引施設一覧

出典:https://b-izu.com/drama/

先に見学した施設がある場合、その入場券の半券などで割引になります。旅行のついでなどの場合は、行程の参考にしてみてはいかがでしょうか?

アクセスは?

伊豆の国 大河ドラマ館へのアクセスはどのようになっているのでしょうか?

電車でも自動車でもアクセスしやすいといえましょう。

駅からとても近い

伊豆の国大河ドラマ館は、韮山時代劇場内で開催されています。この韮山時代劇場は、伊豆箱根鉄道「韮山駅」から徒歩5分程度です。とても近いです。

駐車場は無料

車で来場もできます。駐車場は無料で、とても広い、という印象を受けました。

筆者が訪れたときもかなりの自動車が停まっていましたが、特に待つことなく駐車場に入れました。

基本情報

住所:〒410-2123 伊豆の国市四日町772 韮山時代劇場内
営業時間:午前9時00分 ~ 午後5時00分(最終入館は午後4時30分)

※2023年1月15日まで開催予定です。

公式サイト:https://izunokuni-taigadramakan.jp/

地図

記念グッズやお土産は?

大河ドラマ館を出て左側に売店があります。義時ハーバーなど、限定品も販売されていました。

近くにある観光地は?

伊豆の国大河ドラマ館に行く際、他の観光施設もいかがでしょうか?

北条義時(北条氏)ゆかりの地がたくさん

Izutaiga004

伊豆地方は、北条氏の出身地でもあるため、ゆかりの地がたくさんあります。頼朝が流されたこともあり、頼朝ゆかりの地もですね。

展示パネルにもありましたので、ぜひお近くをまわってみてはいかがでしょうか?

ランチするところはある?

伊豆の国大河ドラマ館は韮山時代劇場内で開催されています。

こちらの施設ではレストランなどは見当たりませんでした。

 

タイトルとURLをコピーしました