期間限定のナイトサファリ!和歌山アドベンチャーワールド「ウィンターナイト」

国内旅行お役立ち情報
この記事は約3分で読めます。

和歌山にある大きな動物園と水族館、ちょっとした遊園地の複合施設、アドベンチャーワールド。今回こちらで、夜の時間、特別に営業していると知り、行ってきました。日本では夜間の動物園はまだまだ珍しい部類。普段見ることのできない動物たちの表情を見ようとワクワクしました。

※来訪時期:2019年1月

スポンサードリンク
スポンサードリンク

きらびやかにライトアップ

入場ゲートもきらびやかにライトアップされています。昼の時間と全然違います。

ショーチケットとセット

「UNIZON(ユニゾン)」というイルカなどのショーも「ウィンターナイト」に開催します。入園券がこちらのショーの座席がセットになっています。そのため、ショーの座席区分で入園料が異なっています。

次の日の入園料がセットになったチケットも販売しています。宿泊者チケットの値段と比較して、安い方を選ぶことをオススメします。

ペンギンの大行進

アドベンチャーワールドという広い敷地ならでは。ペンギンの行列が坂をのぼります。

通り過ぎると少しさみしい気分に。

なお、かなり長い坂道なので、来ている人みんなどこかしらでペンギンを見ることができます。後ろから、とかないので、子ども連れでも安心。

パンダ!パンダ!

まずは、入口のゲートを抜けてすぐのパンダのところへ。結浜ちゃんに再び会えて感激でした。芸達者なのか、にっこりスマイル!結浜ちゃん相変わらず元気でよかった。

休憩スペースが無料で提供

昼間はレストランとして営業しているのですが、夜間は無料で休憩スペースとして開放。寒いので、ありがたかったです。しかも、お冷とおしぼりのサービスもありました。

とれとれ市場で買ったいちご大福でちょっと休憩。

ユニゾン(イルカショー)も夜ならではの演出

写真からもおわかりのとおり、いつもと違う、ロマンティックな雰囲気。ショーも昼間のとは違った演出になっていました。これはこれで感動しました。

いくら和歌山といえども、真冬の1月。スタッフさんたちも寒い中、ありがとうございました!

パンダの赤ちゃんも

夏に生まれたばかりの彩浜ちゃん。すでにパンダの形になり、ちょこちょこ遊んでいました。たくさんの人だかりができており、係員の方の誘導により順番に交代する仕組みを取っていました。ちっちゃかったです。

笹、いじっています。まだ笹を食べられないそうです。

飼育員さんも見守っています。

その他も楽しめるアドベンチャーワールド

出典:https://www.aws-s.com/attractions/detail?id=att013

その他、サファリワールドを一周する列車「ケニア号」に乗車して、夜の動物たちを見学できました。公式サイトから写真をお借りしていますが、こんな感じで、動物たちが暮らす近くを通れます。ときにはチーターなどが近寄ってくるド迫力です。夜は目が光るので、ちょっとビビっていました。

開催されたらぜひチェックを

夜間営業は、期間限定に開催されるので、見つけたらぜひ行ってみてください。普段と違う動物たちを見ることができるので、オススメですよ!

アドベンチャーワールドの基本情報

住所:〒649-2201 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399番地

電話:0570-06-4481(アドベンチャーワールド インフォメーション)

営業時間:10時~17時

定休日:水曜日

公式サイト:https://www.aws-s.com/

タイトルとURLをコピーしました