消費増税直前!航空券は買う?買わない?

未分類
この記事は約3分で読めます。

あろーは!あみぃです。
いよいよ日本では消費税が8%から10%に上がります。
そこで、今回、増税を見据えて、ちょっとしたお得情報をお伝えします。(番外編です…)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

航空券チケットは買う?買わない?

航空券は高いので、どうしようか、とお思いかと思います。そして、色々なサイトを見ると、
・国内線は消費税があるので買い
・国際線は消費税関係なし、燃料サーチャージが10月から下がるので買わない
と推奨されています。

私の持論ですが…

国内線は買いでOK!

しかし、国際線は
そんなに簡単に割り切れません!

なぜなら、航空券のチケットの値段の付け方が特徴的だからです。

通常航空券のチケットは、残席数によって変化します。
分かりやすくいうと

人気のあるチケットは、買う人がいればいるほどどんどん値上がりするのです。

こうしたことから、燃料サーチャージが下がるとしても、人気の高いハワイなどはそれ以上に値上がり、買えなくなってしまう場合もあるのです。

また、国際線の場合は、予約してから数日キープできる航空会社もあります。

国際線は見極めて買うべし!

ちょっとした裏技的な方法

9月30日に予約して、10月1日過ぎてから買う!

ただ、日本航空の国際線は1日から数日キープできますが、ANAの国際線は、キープできない・できたとしても1000円必要になります。

ツアーは押さえておくべし

パッケージツアー、難しいところですが、出発前1ヶ月からキャンセル料がかかる商品が多いので、そういった商品を予約するのはアリです。

消費税が上がると、とにかく諸費用に上乗せされていくので、どのくらい上がるか分からないのが理由になります。

待っていると買えなくなるおそれも

ツアーは、一定数の予約があると、キャンセル待ちなどで、購入できなくなる場合があります。特にこの時期、年末年始の旅行が絡んでくるでしょうから、人気のツアーは買えなくなるおそれもあるのです。

ガイドブックは買おう

ガイドブックを読んでおきたい、という方は、ぜひ9月中に購入しておきましょう。
改訂版は、春から夏にかけて発売されることが多いので、この時期購入しても、後から改訂版が出てショックを受けることもないでしょう。

改定時期をチェックするには?

念のため、背表紙のところの発売日をチェックすると次の改定時期を予測することが可能です。

本は、新聞と異なり、減税対象になっていません。確実に2%上がりますので、要注意です。

通販利用時の注意点

注意事項としては、通販でガイドブックを買おうという場合、発送日の関係が挙げられます。

通販は、発送が10月になってしまうと、たとえ注文日が9月でも10%の運用になっているところがほとんどです。

発送日と消費税の関係にも注意が必要になります。書籍の店舗ならば、9月30日までに買えば8%です。

キャッシュバックにも注意

さらに、旅行用品の購入についてですが、食料品などを除いて基本的に10%になりますので、買いともいえます。

キャッシュレスで5%オフ

キャッシュレスで5%程度のキャッシュバック施策を行うお店もあります。そのため、普段利用しているお店が該当する場合、10%になったとしても、10月購入の方がお得になります。

クレジットカード還元

さらに、10月以降、クレジットカードを利用するとポイント還元などで優遇措置をすると表明しているところもあります。

普段利用しているクレジットカードの会社のホームページなどをチェックしてみることをおすすめします。

悩ましい消費税増税

いろいろ悩ましいですが、少々策を練れば惑わさせないで済みそうです。

ぜひ参考にしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました