ハワイで買い物をするときに気をつけるべき5つのこと

ハワイ情報

ハワイはお買い物天国と呼ばれているように、日本に比べてアメリカの会社が販売している製品が安い場合が多いだけでなく、免税店もあるため、ついつい買ってしまいがち。そんなときに気をつけるべき点についてお伝えします。

価格差に注意!ハワイはアメリカドル

ハワイは円ではなく、アメリカドルのお金を使って支払うように、値段も当たり前のようにアメリカドルで示されています。

しかし、毎日外国為替相場のニュースで1ドル110円などとしているように、1100円の品物の場合、ハワイでは10ドル。桁が変わっているので、どうしても安く思えてしまいがちですが、意外に高いのです。100ドルは約1万1000円。実はかなりのお値段ということになります。

どうしても錯覚しがちなので気をつける必要があるのです。

なお、1ドル110円ですが、日本は2019年2月現在消費税は8%ですが、ハワイでは約5%で少し低くなっています。

クレジットカードはドルで支払う?円で支払う?

クレジットカードで支払おうというとき、ドルで支払うか、それとも円で支払うか聞かれることがあります。このとき、どちらにしたらいいのか迷うと思います。特に初めてハワイに行く場合は、よく分からず普段使っている円を選んでしまいそうです。しかし、ドルを選んでください。海外利用のクレジットカードの場合、為替レートにカード会社が独自に決めたレートや手数料分が上乗せされますが、実は円払いよりも割高になりません。

自分で商品をベルトに載せよう

コストコで買い物経験がある方はすでにおなじみですが、アメリカなど外国の買い物の場合、ベルトコンベアーのようなところに商品を乗せます。そして、レジスターの係の人がバーコードに通します。

一見手間がかかりそうですが、バーコードに通した商品はそのまま袋に入れてもらえますので、この点は日本と異なり楽です。

なお、エコバッグを持参しているときは、係の人の目につくように、エコバッグを商品と一緒に置くか直接渡します。

お店に入るとき、出るときのあいさつをしよう

これは、ヨーロッパでもおなじみですが、その売り場に入るときには「ハロー」とかのあいさつをします。ハワイの場合だと「アロハー」でもOKです。出るときも一声かけます。

そうしないととってもあやしい人に思われてしまうそうです。日本ではほとんどしないので、緊張しちゃいますよね。でも、する方がちゃんと接客してもらえます。

Appleストアのような人が多い場合はしなくても大丈夫ですが、ドア係の人がいれば、向こうから「アロハー」と声をかけてきますので、「アロハー」と返せばOK。

レジ袋から手提げ袋まですべて有料

ハワイは環境に配慮し、レジ袋の取り組みなどを強化してきました。そのため、簡易的なビニール袋の廃止からついには有料となりました。1回15セント。日本円にして約20円ですので、必要ならば支払いましょう。ただし、大きい袋から小さい袋まですべて1枚15セント。ブランド袋までです。

そのため、スーパーやコンビニにはエコバッグを持参し、ちょっとすてきなブランドショップなどの買い物ではエコバッグ代を支払い、ブランドの紙袋に入れてもらうのもいいですよね。

私はiPhoneを外国(ハワイではありません)で購入した際、いつもの袋有料だよ、と言われて、じゃいらないと言ってしまいましたが、箱の角は丸くなるし、何だか買ったぞ!という気になりませんでした。

免税の範囲に注意しよう

ハワイが買い物天国だからといって、あまりに買いすぎると大変なことになる場合もあります。日本に持って帰るときに、免税の範囲を超えてしまうと、税金を支払う必要が出てきてしまうのです。

税関のページに出ている表を引用します。参考にしてみてください。不安な場合は、旅慣れた友人や知り合い、旅行会社の人などに聞いてみましょう。税関の問い合わせ先で聞いておくのもいいでしょう。

参照:http://www.customs.go.jp/kaigairyoko/menzei.htm

こちらのように20万円までに免税になっています。「そんなのあの有名なマカデミアナッツチョコレート、親戚などみんなに買ったら、10箱以上になっちゃう、あれ1箱1000円くらいするじゃない、これだけで10万円分の枠が!」と思ってしまうかもしれませんが、大丈夫です。

1万円以下のものはこの20万円に入れなくても構いません。そのためお気に入りの化粧水を買いだめしても問題ないのです。ただし、商業使用とされてしまうと税金がかかるなどのリスクもありそうですので、度を過ぎた買いだめは控えた方が無難でしょう。

帰りのスーツケースの重量がオーバーしてしまうリスクもあります。

楽しいハワイ旅行に!

旅先での買い物はつい気が緩んでたくさん買いがちです。日本で普通に買い物するときや日本で旅行する場合とは違う点があります。ちょっとしたことですので、少し気をつけて、楽しいハワイ旅行にしてください。